アイドルタイムにパートのおばちゃんは言いました

  • 2019.05.21 Tuesday
  • 01:45
フリーランス、フリーランスと声高に言う界隈ができたのは、それなりにすごい変化だよねと思う今日このごろ。
名前も顔も思い出せないのですが、あの瞬間に背中を押してもらえたのは本当にありがたかった…と感謝している相手がいます。

専門学校に通いながら平塚市のリンガーハットでアルバイトをしていた19歳当時。
現代史的にはバブルが弾けた92年ですが、実感的にはまだまだ世の中はふわふわしていて、出版業界は快調でした。
僕はと言えば、次の3月には卒業なのに就職にはリアリティがなく、ちょっとしたきっかけで青春出版社のBIGtomorrow編集部に出入りできるようになり、そこでもらった仕事を1、2回やってみて、取材っておもしろいなとドキドキ。
でも、日常の大部分は専門学校に行き、同級生と雀荘で麻雀しながらカレーを食べて、地元に戻ってからクルマで深夜のリンガーハットのシフトに入る毎日でした。
そんなある日、久しぶりに週末の昼間のシフトに入って迎えたお客さんの途切れるアイドルタイム。
そこそこバイト歴も長くなっていた僕はレジでランチタイムの違算金チェックを手伝っていました。
メインの担当は時間帯責任者のパートの女性で、当時はおばちゃんだと思ってましたが、今振り返ればきっと30代半ばくらい。
完全にお客さんの流れが途切れ、「最近どうなの?」「学校楽しいの?」「家庭教師のバイトは辞めちゃったんでしょう?」的な会話をしながらレジの小銭を数えていたわけです。

話の流れで「雑誌の編集部に出入りして、初めて取材に行きました」と打ち明けると、「そういう学校行っているんでしょう。よかったね」と言われ、「でも、このまま就職しないのも…」「じつはこの前、店長に誘われて…」とぶつぶつ、もじもじ。
そしたら、おばちゃん「楽しいと思える仕事ができるチャンスなんて滅多にないんだから、やったらいいのに。応援するよ」とピシッと背中を押してくれたのです。

その言葉に嘘がない感じが伝わって、そうか、これはチャンスなんだと思った僕は次に編集部へ行ったとき、「続けて行きたいので、取材先も増やしていいですか?」と前向きな若手感を出し、しなだれかかるようにライター稼業に入っていったのでありました。

その後、別の編集部でも仕事をもらい、専門学校、取材、深夜のリンガーハットを並行しながら、ぐるぐる。だんだん学校にはあんまり顔を出さなくなって、でも、学費は出してもらっているんだから卒業はしときたいと思い、リンガーハットのバイトを辞めて、卒業を迎えたときはライター的なもの入り口に指を引っ掛けておりました。
本人が巡ってきたチャンスに気づかないとき、無責任な大人の一言が背中を押してくることもあるのです。
フリーライターになったと言っても、フリーター? と言われたころのお話ですが。
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

ブログペット

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

問題です。2000円の弁当を3秒で「安い!」と思わせなさい
問題です。2000円の弁当を3秒で「安い!」と思わせなさい (JUGEMレビュー »)
山田 真哉
「DIME」連載時からお手伝いしていた公認会計士、山田真哉さんの新刊。会計はもちろん、数字の使いこなし方、消費税対策、老後も安心な資産設計など、盛りだくさんの内容です。

recommend

ぼくのオカンがうつになった。
ぼくのオカンがうつになった。 (JUGEMレビュー »)
佐口 賢作
うつ病によって、人が変わってしまったように思える親や家族とどう付き合えばいいのか?
動揺する気持ちを抱えているすべての人に、少しでも役立てばいいなと思い、この本を作りました。うつ病と向き合い、しんどさを感じている人に「俺だけじゃ、私だけじゃないんだ」とホッと一息ついてもらえたら、なによりです。

recommend

派遣のリアル (宝島SUGOI文庫)
派遣のリアル (宝島SUGOI文庫) (JUGEMレビュー »)
門倉 貴史
体験レポートなどを書いた「派遣のリアル」が宝島新書から宝島文庫に文庫化。表紙がコミック風になりました。昨日新宿西口のブックファーストに行ったら、かなり好位置にどーんと面出し展開されていて、びっくり。

recommend

病気だョ!全員集合―月乃光司対談集
病気だョ!全員集合―月乃光司対談集 (JUGEMレビュー »)
月乃 光司
編集N氏が暗躍してついに完成した「こわれ者の祭典」の月乃光司さんの初対談集です。大槻ケンジさん、手塚眞さんとの対談の取材・構成を担当しました。ニヤリと笑えて少しばっかり元気が出る良き本なので、どうかひとつよろしくお願いします。

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM