2019年01月03日のつぶやき

  • 2019.01.04 Friday
  • 02:30
14:34
さらば、友よ、さらば 愛しい人よ、きみはいまもわが胸に。 別れが運命なら やがての再会もまた運命。 さらば、握手は要らない。 悲しむまい、眉を曇らすまい。 いまは死になんの新味もない 生にはさらにないけれど。 セルゲイ・エセーニン
16:02
録画してあったドキュメンタリーを鑑賞。逃げる過程、逃げた先の国での過酷さの先にある脱北後の暮らしが描かれていて印象的でした。 NHKドキュメンタリー - BS1スペシャル「婚活38度線〜脱北女性たち・南北融和の中で〜」 https://t.co/EXGVsig2Fv
17:37
「ホラチャフリ」という名は、フィン・ウゴル語で「死」を意味する語幹「ホラト」から派生したものだ。 この不吉な名は ディアドロフたちの悲劇と明らかに関連していると思われがちだが、マンシ語の専門家の考えでは、この山に草木が生えないことを意味しているらしい。
  • 0
    • -
    • -
    • -

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << May 2019 >>

    ブログペット

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    recommend

    問題です。2000円の弁当を3秒で「安い!」と思わせなさい
    問題です。2000円の弁当を3秒で「安い!」と思わせなさい (JUGEMレビュー »)
    山田 真哉
    「DIME」連載時からお手伝いしていた公認会計士、山田真哉さんの新刊。会計はもちろん、数字の使いこなし方、消費税対策、老後も安心な資産設計など、盛りだくさんの内容です。

    recommend

    ぼくのオカンがうつになった。
    ぼくのオカンがうつになった。 (JUGEMレビュー »)
    佐口 賢作
    うつ病によって、人が変わってしまったように思える親や家族とどう付き合えばいいのか?
    動揺する気持ちを抱えているすべての人に、少しでも役立てばいいなと思い、この本を作りました。うつ病と向き合い、しんどさを感じている人に「俺だけじゃ、私だけじゃないんだ」とホッと一息ついてもらえたら、なによりです。

    recommend

    派遣のリアル (宝島SUGOI文庫)
    派遣のリアル (宝島SUGOI文庫) (JUGEMレビュー »)
    門倉 貴史
    体験レポートなどを書いた「派遣のリアル」が宝島新書から宝島文庫に文庫化。表紙がコミック風になりました。昨日新宿西口のブックファーストに行ったら、かなり好位置にどーんと面出し展開されていて、びっくり。

    recommend

    病気だョ!全員集合―月乃光司対談集
    病気だョ!全員集合―月乃光司対談集 (JUGEMレビュー »)
    月乃 光司
    編集N氏が暗躍してついに完成した「こわれ者の祭典」の月乃光司さんの初対談集です。大槻ケンジさん、手塚眞さんとの対談の取材・構成を担当しました。ニヤリと笑えて少しばっかり元気が出る良き本なので、どうかひとつよろしくお願いします。

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM