移動距離と出会いの量は比例する…。語り人知らず。

  • 2018.04.18 Wednesday
  • 10:31
4月から5月の初旬にかけての根津と言えば、根津神社のつつじ祭りです。
今年は開花が早くて、甘酒茶屋のオープン前に見頃に入りました。
週末はもちろんですが、平日もなかなかの人出で近所がにぎやか。
人の往来があると、それだけでワクワクしてくるのは不思議なものです。

人の往来と言えば、先週、久しぶりに出張取材がありました。
それも3泊4日。なかなか長い。

初日は羽田泊からの早朝便で山口県の周防大島町へ。
空港から謎の島一周的ドライブを体験した後、対談を取材。
絶景の民宿に泊まった後、クルマ、フェリー、ローカル鉄道、高速バス、空港バス、レンタカーと乗り継いで、徳島県の神山町へ。
夜はなぜかバーベキューでうまい肉をたらふくいただき、つるっとしたイケメンの若者とも出会い、焚き火を囲んでいい時間でした。

翌日は何度も噂に聞いていた、かま屋さんで朝からもちっとした食パンをいただき、昼は山間の古民家を改装したピザ屋さんで食べたことのない食感のフキのピザのうま苦さに「おお!」と思い、盛りだくさんすぎるーと思いながら再び対談を取材し、気づいたらへとへとで羽田空港に戻ってきていました。

なぜに周防大島と神山町だったかと言うと、連載記事の作成を手伝っているクライアントさん「モノサス」のサテライトオフィスがあるからです。
開所したばかりの周防大島では、町役場の移住推進担当者とサテライトオフィスを拠点としている副社長が語り合い、IT系企業のサテライトオフィス集積地として名高い神山町では、町を変えた仕掛け人であるNPO法人代表に神山をサテライトオフィスを置く場所以上の拠点と考える社長が切り込みました。

日頃、自宅の仕事部屋で1人きりキーボードを叩いているばかりのライターとしては、業を起こし、人を集め、さらに輪を広げていく方向で生きている人たちの話が、まあーきらめいてきらめいて。
 
こんな生き方もあるのか。こんな暮らし方もあるのか。こんな働き方もあるのか。
人生は自由だ、と。選択の自由が整っている状況を生かすかどうかもまた自由だ、と。
熾火になったり、めらめら燃えたりする焚き火の炎を眺めながら、そんなことを思いました。
横に座っていた若者は、この春からオンライン大学に入学。旅をしながら学ぶようです。
なんだ、そのすばらしき日々しか予感させない自己紹介! 全おっさんが惚れるよ。


あ、周防大島のサテライトオフィスから神山のサテライトオフィスへ直接移動した人は初めてだったらしいんですけど、乗り継ぎ等々を含めると11時間ちょっとかかります。一旦、羽田を経由した方が早いというのもまた、サテライトオフィスらしい話かも。
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

ブログペット

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

問題です。2000円の弁当を3秒で「安い!」と思わせなさい
問題です。2000円の弁当を3秒で「安い!」と思わせなさい (JUGEMレビュー »)
山田 真哉
「DIME」連載時からお手伝いしていた公認会計士、山田真哉さんの新刊。会計はもちろん、数字の使いこなし方、消費税対策、老後も安心な資産設計など、盛りだくさんの内容です。

recommend

ぼくのオカンがうつになった。
ぼくのオカンがうつになった。 (JUGEMレビュー »)
佐口 賢作
うつ病によって、人が変わってしまったように思える親や家族とどう付き合えばいいのか?
動揺する気持ちを抱えているすべての人に、少しでも役立てばいいなと思い、この本を作りました。うつ病と向き合い、しんどさを感じている人に「俺だけじゃ、私だけじゃないんだ」とホッと一息ついてもらえたら、なによりです。

recommend

派遣のリアル (宝島SUGOI文庫)
派遣のリアル (宝島SUGOI文庫) (JUGEMレビュー »)
門倉 貴史
体験レポートなどを書いた「派遣のリアル」が宝島新書から宝島文庫に文庫化。表紙がコミック風になりました。昨日新宿西口のブックファーストに行ったら、かなり好位置にどーんと面出し展開されていて、びっくり。

recommend

病気だョ!全員集合―月乃光司対談集
病気だョ!全員集合―月乃光司対談集 (JUGEMレビュー »)
月乃 光司
編集N氏が暗躍してついに完成した「こわれ者の祭典」の月乃光司さんの初対談集です。大槻ケンジさん、手塚眞さんとの対談の取材・構成を担当しました。ニヤリと笑えて少しばっかり元気が出る良き本なので、どうかひとつよろしくお願いします。

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM