シャルルドゴールで、惚れなおした話

  • 2017.12.31 Sunday
  • 19:07

大晦日ですね。

先ほど、羽田の国際線ターミナルから根津に帰ってきました。

すぐさま夫婦でチャリを飛ばし、おせちやらを購入。

一気に日本のお正月モードに突入です。

 

1ヶ月前のブログで書いたとおり、愛しの「月刊ビッグトゥモロウ」突然の休刊を受け、さみしさとともに「うわ…、定期収入がぁー」というショックも隠し切れないほどあったのですが、また別の一面にも気づきました。

それはライター稼業25年目の12月にして初めて、年末ぎりぎりまでの取材、年明けすぐの入稿という例のヤツがない師走がやってきたのです!

 

仕事のことは来年考えよう。

まずはこの舞い込んできた時間をどう使うかだーと夫婦で合議の末……。

息子氏が生まれて初の海外旅行に行こうと定まりました。

行く先は…初めてだし…台北、サイパン、ベトナム、足伸ばしてハワイ? などと変わっていったのですが、最終的に「本当に行きたいのはどこだ?」とお互いに胸襟を開きあったところ、「イタリア!」と盛り上がってしまい……。

 

旅行隊長の妻がさっそく航空券を検索し始めます。

すると、「案外、空いていない」という焦りも加わり、その場で初海外が初ヨーロッパと決まりました。

決定後は日々、4歳の息子氏が12時間超のフライトをクリアできるのか? 

大丈夫か、どうなんだ? 

大丈夫でしょう。楽しいでしょう。

どうなんだ? その日のテンションに合わせて心揺れる時間を過ごしましたが、行ってしまったらこっちがびっくりするくらい国際線の旅を楽しんでいました。

機内食の前に映画を1本見て、食べ終わった後にもう1本見て、その後は爆睡。4歳やるな。

父ちゃん、帰国便は一睡もできず、もうふらふらです。

 

旅先でもいろいろあったんですが、そのいろいろがぶっ飛ぶ出来事が帰国時の中継地で発生しました。

フィレンツェを出て、パリのシャルルドゴール空港にて出国手続きをしようとしたところ…。

係員のお兄ちゃんが、僕らのパスポート3冊のページを必死にめくって、なにやら困惑。

なんとまあ、EUへの入国スタンプが押されてなかったんですよ!

3人分ともに。入国のときの係員さんは妻と軽く雑談すらしていたのに…。

(後にネットで調べたら、パリやらローマではありがちなミスらしいです)

 

結果、係員のお兄ちゃんに先導されてバックヤードへ。

パスポートはたらいまわしにされ、やれ「なんでスタンプがないんだ」「どっから飛んできた」「いつパリに来たんだ」「これからどこいくんだ」「スタンプがないのは問題だ」と、フランス語訛りの英語でとあーだこーだ。

何事? と怯える息子氏を抱っこし、「パリから出れないの?」と脂汗ダラダラで役に立たない僕の横で、妻がガンガンやり返してくれます。

 

何度となく、「NOT OUR FAULT!」を連呼しながら、行きの搭乗券、帰りの搭乗券を示して、ぐいぐい。

その圧倒的なゲーゲンプレスに係員のお兄ちゃん、引き継いだおばちゃんもじわじわ後退し、奥から上司が登場。

パスポートをチェックして、「よくあること」的な顔をした後、お兄ちゃんを見て「こいつ新人だから勘弁してな」的なことを言い、無事、僕らのパスポートには出国のスタンプが押され、返ってきました。

 

パスポートを受け取り、颯爽と出国する妻の後ろ姿に乙女な胸のときめきを感じたことを記録しておこうと思います。

正しく怒れるってすごいっすよね。

おかげさまで上野でお正月の買い物をして、湯島で軽く寿司をつまんで、大晦日を家で過ごせることになりました。

 

ちなみに、入国がいい加減で過ごしやすい国民性のEU加盟国でスタンプの押し忘れをくらい、出国がドイツだったりすると「NOT OUR FAULT!」を連呼ではどうにもならないこともあるそうなんで、皆様におかれましてはくれぐれも係員が入国スタンプを押しているかどうかのご確認をお忘れなく。

 

それでは本年もお世話になりました。

よいお年をー。

根津のチャーハンと北のあれこれと皆生温泉

  • 2017.08.13 Sunday
  • 23:09

約2年のランチ食べ比べの結果、根津駅周辺の町中華でチャーハンがナンバーワンなのは「広宴」に決まりました。

そのあまりにも昭和感いっぱいの店構えと年季の入った扉が一瞬、むむ大丈夫? という気持ちにさせますが、何十万回と鍋を振ってきたであろうオジサンの技によってパラパラながらしっとりの“期待通り”のチャーハンが出てきます(個人の好みですけど)。
ちなみに、お手頃価格の定食類にはなぜかソース焼きそばが付くという40代の胃には厳しいトラップがあるのでご注意ください。
さて。
2ヶ月ぶりの更新ですが、目下の課題は月刊誌で連載をお手伝いしたページの書籍化です。
見開きでズドンとわかりやすく世界情勢をお伝えしていた原稿を生かしつつ、連載時には盛り込めなかったお話を復活させながら新書のフォーマットに落とし込んでいくことが任務なのですが…、なかなかどうして数ヶ月の時の流れで状況は変化していますね。
特にトランプさんや金さん周辺のあれこれは、どこまでフォローアップしたらいいもんか悩ましいです。
(ともかくどちらもボタンは押さないでいただきたいと痛切に願っております…)
とはいえ、差し迫った危機感は乏しくちょっと早めに夏休みを取り、米子空港から皆生温泉、大山、玉造温泉というルートで家族旅行をしてきました。
うちの相方さんは各地の城を巡り、四十七都道府県を制覇している奇特な方なんですが、僕は未だに行ったことのない県の方が多く今回も初島根県&鳥取県でした。で、行ってみるとこれがどこもいいですね。
皆生温泉なんて、なんて読むの? 「みないけ?」「みななま?」「カーナビ出てこないんだけど」(かいけ、と読みます)と失礼なことを言いながら到着してみると、温泉ホテルから海水浴場まで徒歩30秒(しかも海きれい)というすばらしきロケーション。そして、そこからクルマを30分も走らせると悠然とした大山にたどり着くという。
海、温泉、山。魚もうまいし、牛豚鳥もうまい。なんなら、ここに住みたい! と思っちゃいました。
今月4歳になる息子氏は、小生意気になってきましたが、海も山もハイテンションで楽しんでくれるおバカな男子になってきてくれて、連れて行きがいがあります。
次の休みはぜひ、四国へ行きたいな。

次は網走番外地の網走か、海の向うに樺太を見てみたい

  • 2016.07.10 Sunday
  • 08:20

過日の家庭内ミーティングの結果、7月後半から8月はどう考えても無理だ! いや、9月も危ういぞ!

という話になり、早めに夏休みを取らせていただきました。

青森のひいばあちゃんと会った後、そのまま北海道新幹線で北上。

道南をレンタカーでぐるぐるする旅行です。

 

しかし、北海道は札幌と小樽と旭川動物園しか行ったことのない私、距離感をなめてました。

相方さん(札幌育ち)が旅の計画中、「うーん、ちょっと無理かな」と首をひねっているのを横目に、気軽な感じで「大丈夫じゃない」とか言っていたわけですけども、いざハンドルを握り、カーナビを操作してみると、ええ? こんだけ走るのか、と。

広いね、北海道。「水曜どうでしょう」で見ているだけじゃわからない。

でも、道は真っ直ぐだし、緑はうるわしいし、風はさわやかだし、信号はめちゃくちゃ少ないし、随所においしいものが売ってるし、ドライブには最高の環境でもあります。

(息子氏の「まだ?」「もう着かない?」「降りたい」攻撃には辟易としましたが…もちろん、彼の気持ちもよくわかりますけど)

 

そこで思い起こしたのが、相方さんと出会った頃のこと。

軽井沢へドライブデートへ行ったものの、あまり盛り上がらず。

初夏、さわやか、おいしいもの、運転手付き。

このコンボで、なぜ盛り上がりに欠けるのだ…と自信を持っての鉄板コースが打ち砕かれました。

長野方面に出かけると、たまに「あれはなんだったんだ?」と思い出していたのですが(男はしつこい…)、この旅行で納得です。

スケール、クオリティともにでっかい版が、北海道にありました。

道南の一部だけでこれなんですから、子供の頃、あちこちをドライブして回った相方さんにとって、初夏、さわやか、おいしいものの基準がより高いポジションにあるのは当たり前ですね。

 

函館で幕末、明治の歴史に触れて、ジャンクなラッキーピエロを楽しみ、沼と呼ぶにはかなり抵抗のある大沼、小沼に触れながらだんご食べて、牧場が連なる国道を走ってソフトクリームを舐め、羊蹄山を眺めながら、ビール。

この羊蹄山がまた、いいフォルムなんですよ。

でも、夏はシーズンオフらしく泊まった宿にはチャリダー軍団(ニセコクラシックというレースがあるそうで)が目立つくらいで、大浴場もガラガラ。

息子氏は露天風呂を気に入ったようで、3回くらいリピートしてました。

あー、もう2泊くらいしたかった。

寄せては返す波の音

  • 2016.04.01 Friday
  • 09:53
もういろいろ疲れたばい。
骨休めがしたか。

衝動的にスマホを操作して、何度かぽちぽちっとしてから約10時間。
嘘みたいなリゾートが僕を待っていてくれました。
桜もいいけど、ビーチもいいね。

続きを読む >>

夜の三島のガールズバー

  • 2014.10.28 Tuesday
  • 10:43
反動というものはくるわけで。
なんかよくわからないけど、いっぱい仕事をした感じがするからどっか行きたい! とわがままを言い、家族で小旅行。
前から三島の柿田川の湧き水が見てみたかったのと、日曜日の夜のお楽しみドラマ「ごめんね青春!」の舞台を歩いてみたいということで、三島、沼津方面へ行ってきました。

なにせ思いつきなので、つかまり立ちから独り立ちへと移行しつつある息子氏とスムーズに泊まれる宿探しが難航。
途中、よくわからなくなって、もういっそ、星野リゾートだ! 空いているのがスイートだけ? 10万円? これもありなんじゃない? と暴走しかけたところ、相方から「冷静になれ」と至極真っ当な至言をちょうだいし、行き着いたのは沼津駅前にあるココチホテル沼津。
全体で何部屋あるのかわかりませんが、畳敷きの部屋にベッドマットを置いたツインの部屋が家族向けに用意してあり、こちらを予約。これが結果的には正解で、息子氏、見たことのないようなテンションでうきゃきゃーーと部屋中を探索しまくり、見ているこちらもほっこりでした。

夜は三島で安政三年からやっているという鰻屋さんへ。
(沼津から三島へ東海道線で移動したんですが、三島駅のロータリーでいきなりみしまコロッケをぱくつく高校生を発見。かなりいいね! でした)
お座敷でとてもおいしいうな重、そしてビールというすばらしいシチュエーションだったのですが、途中から息子氏が「俺も食いたい! 離乳食じゃなくて、その四角いのに入っている茶色を食いたい!」とほとばしる情熱を抑えられなくなり、そうそう落ち着いて食べられるわけでもなく。
そそと済ませて、夕闇迫った三島を散策。

ロケ地らしき源兵衛川周辺をちょこちょこ見ながら、駅前方面に向かっていたら、ロケバス&ワゴン車が路肩に泊まっておりました。そして、歩道には撮影チーム。
これはもう、あれですね。と目をこらすと、路地の奥に主演の錦戸亮さんの姿も。きっとあれです。ガールズバーなのにスナックなあのお店のシーンだと思われます。
ロケ真っ最中に遭遇する引きの強さを感じながらも、できれば満島ひかりさんか、坂井真紀さんを目撃したかった…。

翌日は三島大社にお参りして、周辺をぷらぷら。お昼時となり、沼津港へ。
寿司食べて、新東名の駿河湾沼津サービスエリアをひやかしたまでは良かったのですが、都心は渋滞35キロの向こう。
ここでまた、あらぬ思いつきが生じ、御殿場で高速を下りてしまった一行は、もう一泊することになったのですが、まあ、それはいずれ。
最近、ますます食欲の増した息子氏は親たちが食べているものに興味深々のようで、旅行中、寿司、ソーセージ、ビールへ熱い視線と声掛けを繰り返してくれました。親子で外食、親子で旅行もなかなか大変ですね。うん。

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

ブログペット

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

問題です。2000円の弁当を3秒で「安い!」と思わせなさい
問題です。2000円の弁当を3秒で「安い!」と思わせなさい (JUGEMレビュー »)
山田 真哉
「DIME」連載時からお手伝いしていた公認会計士、山田真哉さんの新刊。会計はもちろん、数字の使いこなし方、消費税対策、老後も安心な資産設計など、盛りだくさんの内容です。

recommend

ぼくのオカンがうつになった。
ぼくのオカンがうつになった。 (JUGEMレビュー »)
佐口 賢作
うつ病によって、人が変わってしまったように思える親や家族とどう付き合えばいいのか?
動揺する気持ちを抱えているすべての人に、少しでも役立てばいいなと思い、この本を作りました。うつ病と向き合い、しんどさを感じている人に「俺だけじゃ、私だけじゃないんだ」とホッと一息ついてもらえたら、なによりです。

recommend

派遣のリアル (宝島SUGOI文庫)
派遣のリアル (宝島SUGOI文庫) (JUGEMレビュー »)
門倉 貴史
体験レポートなどを書いた「派遣のリアル」が宝島新書から宝島文庫に文庫化。表紙がコミック風になりました。昨日新宿西口のブックファーストに行ったら、かなり好位置にどーんと面出し展開されていて、びっくり。

recommend

病気だョ!全員集合―月乃光司対談集
病気だョ!全員集合―月乃光司対談集 (JUGEMレビュー »)
月乃 光司
編集N氏が暗躍してついに完成した「こわれ者の祭典」の月乃光司さんの初対談集です。大槻ケンジさん、手塚眞さんとの対談の取材・構成を担当しました。ニヤリと笑えて少しばっかり元気が出る良き本なので、どうかひとつよろしくお願いします。

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM