妻と息子氏1号が家を出ました

  • 2019.09.25 Wednesday
  • 10:32
仕事を受注しすぎた結果、GW以降、全然長い休みが取れないまま10月に突入しようとしている夫の状況を受け止め(業を煮やして!?)、自身の夏休みを消化すべく息子氏1号と旅に出た妻。
今頃は北の大地で息子氏1号を喜ばせてくれていることでしょう。

そんなわけで、こちらは息子氏2号とお留守番。
昨日の感じからすると週末までこの流れが続くことでしょう。

朝、顔をバッチンバッチン叩かれて起床し、あれやこれやの準備を済ませて、保育園へ。
引きこもりモードで原稿を書き、合間にちょっと家事をしつつ、夕方お迎えへ。
「まんま、まんま、まんま」(はらへったーはらへったー)とご機嫌ななめなぼっちゃんに、妻が作っていってくれた離乳食を出し、自分も適当な晩飯をぱくついて、しばし、遊び、風呂に入れ、寝かしつけ。
21時前に終了するので、2時間弱残業して(1号いるとできないんで、仕事は捗ると言えるかも)、録画してある「激レアさん」的な軽いものを眺めた後、就寝。

見事なまでに会話がないね。
話したのは保育士さんだけで、1、2分程度。
編集さんからの業務連絡は全部メールだし。
2号はまだ「ばあ」「まんま」「あー」「たった」的赤ちゃんワードしか繰り出してこないし。
ただでさえ、滑舌悪いのに、会話のキャッチボールがままならなくなっていったら、どうしよう…。

息子氏1号、5歳と7ヶ月

  • 2019.03.18 Monday
  • 10:23
息子氏1号、5歳と7ヶ月。
 
息子氏1号、歌がちゃんとしてきた。

ママチャリの後ろに乗っけって走っていると、彼なりに何か考え事をしているとき以外はほぼ歌っている息子氏1号。
この間まで聞きかじった曲の単語をつなげた自作の歌詞を歌い上げていたのに、最近はちゃんと「嵐」の歌を歌っている。
成長を感じつつ、ちょっとさみしい。
もうちょっと、「夜が来ても大丈夫。ありがとうー。愛している」みたいなJ-POPの闇を感じるリミックスを聞いていたいものである。

息子氏1号、サッカーをする。
近くの大学のサッカー部が主催する、和気あいあいボールに戯れる的サッカースクールに通い始めて3ヶ月ほどの息子氏1号。
ライオンズカップという区の大会の小学校低学年の部に年長さん、年中さんチームで出場。
試合前に「相手が蹴ったボールが横から出たら、こっちのスローインから始まるよ」「スローインってわかる?」という牧歌的なミーティングが終わる頃、コーチが「ゴールキーパーやりたい人?」と聞いたら、パッと手を挙げ、「はい!」と立候補する息子氏1号。
ほ、ほほう。人生初試合は、ゴールキーパーで出場か。意外すぎる。

1回戦、小学校低学年チームに圧倒され、攻められまくり、シュートも打たれまくり。それでも何度か弾き返したり、キャッチしたりと奮戦する。あと動画を見てみたら、細かくポジションを修正してシュートコースに入っていて、いいぞいいぞと親ばかな気持ちになった。0対9みたいな試合だったけど、これはハマる。
負け同士の2回戦は、ベンチスタート。後半に5分くらいフィールドでプレーするも、なんか右往左往しているうちに終了。本人的にはボールが来るから、ゴールキーパーの方が楽しかったのだそう。

息子氏2号、寝返りをする。
すくすくと生後7ヶ月となった息子氏2号。ごろごろごろと寝返りしまくっている。
なんと体重が9キロ後半で、1号のダンス仲間のお母さんから「うちの子(2歳ジャスト)と変わらないですね!」と目を丸くされる。
おもちゃでの遊び方などを見ていると、1号以上のやんちゃさを感じる。
2号と遊びながら「とっとすげー」と言ってもらえるよう、カラダメンテナンスを心がけよう。

息子氏、早くも父のキャパを超えてきました

  • 2019.02.04 Monday
  • 09:58
5歳と5ヶ月となった息子氏1号。
嵐、活動休止のニュースに少なからず衝撃を受けております。

というのも、妻の影響か3歳後半には嵐なる歌い踊るアイドルの存在を認識した息子氏。
昨年、「VS嵐」にドハマリし、毎週予約して「明日は木曜日だね。嵐ある?」「今日は木曜日だね、嵐の日だね」と水曜日の夜寝る前、木曜日に目覚めてすぐに確認してくるほどの愛着を見せてきたのです。

公園で小山系の遊具を登るときは脳内で「クリフクライム」変換され、サッカーボールを蹴るときは「キッキングスナイパー」、エアホッケーで遊ぶときは「バウンドホッケー」と、彼の中で「VS嵐」の嵐が吹きまくった2018年でした。

ところが、年明け早々に届いた2020年での活動休止の発表。
5歳児なりに意味を理解したのであろう息子氏は、土曜日の昼下がり、近所で遊んだ帰り道にこんなことを言い出しました。

「嵐に入りたい」
「へ? 嵐に入るの?」
「うん。だって早く入らないと嵐やめちゃうんでしょ」
「お、おう。嵐にかぁ……」
「どうしたら入れるかな?」

キラキラした瞳で見上げられ、どう答えたものかと考える時間を確保するため、「どうして入りたいの?」と逆質問。
すると、どうやら彼の野望は「嵐が活動休止する前に、『VS嵐』にプラスワンゲストで出て、嵐チームに入りたい」というものでした。

それはそれでハードル激高です。
数秒のうちにいろいろ考えました。

・子役に挑戦してゴールデンタイムのドラマ出演。番宣で「VS嵐」に出演?
・YouTuberになって未就学児YouTuberとして注目を集めた後、プラスワンゲストに?
・何らかの競技で「東京オリンピックを目指す」と宣言し、最年少アスリートとして嵐チームに?

うーん。どれも無理か…。
結局、「SHU先生のところで習っているダンスをがんばるのが、近道なんじゃないかな。ほら、この間、クラスの友達、Eテレに出てたじゃん」という返答にとどまりました。

すばらしき友人、知人の皆さま、「VS嵐」への近道をご存知ありませんか?

紅葉する木ってどれ? と聞かれたら…

  • 2018.10.29 Monday
  • 20:19
息子氏1号と保育園に向かいながら、秋になると葉っぱの色が変わるという話題になりました。

「知ってる、葉っぱが赤とか、黄色とか、茶色とかになるでしょう」
「そうそう。よく知っているじゃん」
「しまじろうの本で見たから」
「そっかー(ベネッセ、ありがとう)。葉っぱの色が変わることを紅葉って言うんだよ」
「へー。でもさー、とっと。どの木がこーよーするの?」
「例えば、そうだなぁ…イチョウでしょ、あとは柿の木、あとは…モミジ…とか」
「そっかー」

紅葉する木の例がこの3つしか出てこなくていいのか?
帰ったら調べる! と、思ったのが5日前。
が、必要に迫られませんよね。
先送り。
とはいえ、いつか2号と同じ話をするかもしれません。
軽く調べました。
うちのマンションの駐輪場の横に植わっているのは、マルバノキ。
あちこちに植樹されているのが、アメリカ生まれのハナミズキ。
途中の神社にあるのが、たぶんアカシデ。

とりあえずこの3つを覚えておこう…。

それなりに混み合う総武線の車中にて

  • 2018.10.22 Monday
  • 19:16

5歳と2ヶ月となった息子氏1号。

「とっととかっかの宝物」と聞かされて一人っ子を満喫してきたところにやってきた息子氏2号に対し、時折、ヤキモチを焼きつつも保育園の友だちには「俺の弟」感を醸し出し、アニキヅラをしており、微笑ましいかぎり。しかし、5歳男子、「寝かしつけているから静かにね」「オッケー」と強く頷いた7秒後には強いステップで踊りだしたり、走り出したり、大声出したりとまだまだ前頭前野よりも小脳のが強いみたいです。
 
で、そんな息子氏1号ですが、舌っ足らずなのか「し」と「ち」の音の言い分けが苦手で、「とっとは、ちいたけ嫌いなんだよね」ってな具合になります。

聞くたびに微笑ましいなぁ。これもいつまでなのかなーとほっこりしているわけですが、過日、息子氏1号と2人で新小岩に向かっているときのこと。

「とっと、今日はどこでサッカーするの?」
「新小岩だよ」
「新小岩(ちんこいわ)かー」

うーむ(笑)。

その後も無邪気に「次は新小岩、新小岩」と連呼する息子氏1号。
父と子、ささやかな晩夏の思い出であります。

archives

recent comment

recent trackback

profile

ブログペット

search this site.

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

mobile

qrcode

recommend

問題です。2000円の弁当を3秒で「安い!」と思わせなさい
問題です。2000円の弁当を3秒で「安い!」と思わせなさい (JUGEMレビュー »)
山田 真哉
「DIME」連載時からお手伝いしていた公認会計士、山田真哉さんの新刊。会計はもちろん、数字の使いこなし方、消費税対策、老後も安心な資産設計など、盛りだくさんの内容です。

recommend

ぼくのオカンがうつになった。
ぼくのオカンがうつになった。 (JUGEMレビュー »)
佐口 賢作
うつ病によって、人が変わってしまったように思える親や家族とどう付き合えばいいのか?
動揺する気持ちを抱えているすべての人に、少しでも役立てばいいなと思い、この本を作りました。うつ病と向き合い、しんどさを感じている人に「俺だけじゃ、私だけじゃないんだ」とホッと一息ついてもらえたら、なによりです。

recommend

派遣のリアル (宝島SUGOI文庫)
派遣のリアル (宝島SUGOI文庫) (JUGEMレビュー »)
門倉 貴史
体験レポートなどを書いた「派遣のリアル」が宝島新書から宝島文庫に文庫化。表紙がコミック風になりました。昨日新宿西口のブックファーストに行ったら、かなり好位置にどーんと面出し展開されていて、びっくり。

recommend

病気だョ!全員集合―月乃光司対談集
病気だョ!全員集合―月乃光司対談集 (JUGEMレビュー »)
月乃 光司
編集N氏が暗躍してついに完成した「こわれ者の祭典」の月乃光司さんの初対談集です。大槻ケンジさん、手塚眞さんとの対談の取材・構成を担当しました。ニヤリと笑えて少しばっかり元気が出る良き本なので、どうかひとつよろしくお願いします。

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM