ザ・クイズショウ

  • 2009.03.17 Tuesday
  • 18:07
運転免許証の再交付をするため、試験場へ。
その帰り道、バスで武蔵小金井駅へ出て電車に乗った。
小説を読んだり、ぼんやりしたり。

向かいに座っていた、さほどあかぬけていない女子高生ふたりの会話が聞こえてきた。
「あの人って、この1年でホント成長したと思う」
「そうだよね」

ほうほう。クラスの子の話かい?

「いろんな番組に出てるし、今度のドラマがすごい大事だよね」
「そっかー」

あー、俳優さんですか。プロデューサー目線ですな。

「テレビライフとか、ブロスに記事が出てたんだけど」
「うんうん」

TVLifeとは少々のご縁がありますよ。

「早く4月にならないかな。楽しみ」
「そうだねー」

期待されてますよ、局の人。で、なんのドラマなんだろか。

「演技がちょっと心配だけど(笑)」
「ホント、好きなんだね」

演技派じゃないんすな。アイドルさんですか。

「かっこいいもん」
「じゃあ、付き合う対象になる?」

おお、相づち担当じゃなかったのか、君。

「もちろん」
「相当年上じゃん」

まあね、ふたりとも見たとこ、15、16ぐらいだもんね。

「……そうだよね」
「10コ以上、上だし」

と、中野駅が近づき、立ち上がるふたり。

「大丈夫」
「ホントにー」

降りちゃうの? 誰なの? もうホームだよ。

「だって翔くん、ファッションとか若いもん」
「あー、嵐ってみんな見た目、若いよね」

櫻井の翔くんですか。嵐って見た目若い……そうなのか……。
軽いショックを受けて、降りていったふたりを見送ったのであった。

ドアが閉まり、電車が走り出す。
あ、俺も中野で乗換えだった。これ、東中野止まらなねぇじゃん。
しかし、ってなことは表情には出さず、小説に戻る。
誰が見ているわけでもないのにね。
行き先は新宿ですよって顔して中央線を降り、いろんな敗北感とともに下りの総武線に乗り換えたのでありました。

ポケットから金髪人形

  • 2008.03.03 Monday
  • 12:58
通勤ラッシュを過ぎ、お昼ご飯を食べるには少し早い頃、電車に乗ることが多い。天気のいい日は、窓から斜めに光が射し込んで車内はのどかなもんだ。移動中の学生、会社や会社ではないどこかで働いている人たち、平日休みを楽しんでいるみなさん。ゆるやかに目的地への到着を待っている。

黒い皮手袋にゴルチエのごついサングラスを合わせたおじさんは、どこへ向かうのか。耳には若者風のヘッドフォン。流れている曲はなんだろう…クレイジーケンバンドか、鈴木雅之か。いや、演歌と考えるのが常識的か…とはいえ、ここで言う常識とはなんだ。もしかしたらクラシックの可能性もあるではないか。あのヘッドフォンがこだわりの音響設計であることも考えられなくはないのだから。ふむ。

やや、あっちにはドレッドヘアのにいちゃんが。あれってどれどれぐらいの熟成期間を置いた上で、仕上がるのかね。半年ぐらい髪を洗わないって聞いたけど、ガセかしら。しかし、ドア横置いたキャスター付きの大きな旅行鞄はいただけないな。窓の外を眺めている横顔はステキなのに。視線の先は成田を越えて、どこですか。誠に勝手な話だけど、バックパックの方が似合うと思われ…とそれもまた先入観か。

電車が駅に停まり、両手にずっしり重そうな紙袋を持ったおばちゃんが乗ってきた。心の中で「こんちは」とご挨拶。たまに一緒になりますね。いつも疑問に思うのですが、そのコートのポケットから顔をのぞかせている金髪の人形はなんですか。いや、わかるんですよ。たぶん、バービーでしょう。それはね、わかるんです。でも、なんでポケットに? もちろん入れるのはかまいません。でも、せめて、もう少しだけ自慢のロングヘアをとかしてあげてくださいよ。今のままだと落武者みたいです。

肩をポンと叩いて、思うところを聞いてみたい。なに聴いてるの、どこ行くの、なんでその子と一緒なのーと。

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

ブログペット

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 僕の叔父さん
    さぐち (11/08)
  • 僕の叔父さん
    長崎の二従兄弟 (11/07)
  • 子どもと寝落ちして夜中に目が覚めて、覗き込んだ穴の中。寝よう。
    さぐち (10/01)
  • 子どもと寝落ちして夜中に目が覚めて、覗き込んだ穴の中。寝よう。
    みゆき (10/01)
  • あなたが怒ると、周りの人は怒り、怯え、苛立ち、悲しむ
    さぐち (08/06)
  • あなたが怒ると、周りの人は怒り、怯え、苛立ち、悲しむ
    後輩 (07/31)
  • あなたが怒ると、周りの人は怒り、怯え、苛立ち、悲しむ
    さぐち (07/26)
  • あなたが怒ると、周りの人は怒り、怯え、苛立ち、悲しむ
    発汗 (07/25)
  • その日、投票所に行って、誰かに入れられることの重み
    さぐち (07/07)
  • その日、投票所に行って、誰かに入れられることの重み
    宮下 (07/05)

recent trackback

recommend

問題です。2000円の弁当を3秒で「安い!」と思わせなさい
問題です。2000円の弁当を3秒で「安い!」と思わせなさい (JUGEMレビュー »)
山田 真哉
「DIME」連載時からお手伝いしていた公認会計士、山田真哉さんの新刊。会計はもちろん、数字の使いこなし方、消費税対策、老後も安心な資産設計など、盛りだくさんの内容です。

recommend

ぼくのオカンがうつになった。
ぼくのオカンがうつになった。 (JUGEMレビュー »)
佐口 賢作
うつ病によって、人が変わってしまったように思える親や家族とどう付き合えばいいのか?
動揺する気持ちを抱えているすべての人に、少しでも役立てばいいなと思い、この本を作りました。うつ病と向き合い、しんどさを感じている人に「俺だけじゃ、私だけじゃないんだ」とホッと一息ついてもらえたら、なによりです。

recommend

派遣のリアル (宝島SUGOI文庫)
派遣のリアル (宝島SUGOI文庫) (JUGEMレビュー »)
門倉 貴史
体験レポートなどを書いた「派遣のリアル」が宝島新書から宝島文庫に文庫化。表紙がコミック風になりました。昨日新宿西口のブックファーストに行ったら、かなり好位置にどーんと面出し展開されていて、びっくり。

recommend

病気だョ!全員集合―月乃光司対談集
病気だョ!全員集合―月乃光司対談集 (JUGEMレビュー »)
月乃 光司
編集N氏が暗躍してついに完成した「こわれ者の祭典」の月乃光司さんの初対談集です。大槻ケンジさん、手塚眞さんとの対談の取材・構成を担当しました。ニヤリと笑えて少しばっかり元気が出る良き本なので、どうかひとつよろしくお願いします。

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM